fbpx

仏教の歴史

【お釈迦様のご生涯】知らない人のためにまとめました

        大富豪の仕事術(著者:マイケル・マスターソン)

 

 

こし庵
どうもネズミブロガーのこし庵です。燃えてる感じがカッコイイ(ーー;)
まだまだ、勉強不足なの、もう少し待ってね

 

お釈迦さま

今から約二千五百年前頃、紀元前五六六年頃~紀元前四八六年頃といわれ、ネパールのルンビニーに、釈迦族の王子としてお生まれになり、姓をゴータマ、名をシッダールタと申されました。釈 尊の誕 生 は 自象 になって下生 して、王妃マーヤー夫人の右脇より入り胎内に宿り、マーヤー夫人は懐妊したといわれています。お産で実家に帰る途中、摩耶夫人(マーヤー)がルンビニーの花園で休んでいたときに、右脇の下から生まれたとされています。

そ の 時 、9匹の竜が天から清浄の水を注ぎ、生まれ落ちたお釈迦様はすぐに7歩歩き、右手で空を、左手で大地を指し「天上天下唯我独尊」と言葉を発した、という伝説があります。

お釈迦様の母マーヤー夫人は、お釈迦さまを産んで7日後に亡くなったと伝えられます。代わってマーヤー夫人の妹であるマハープラジャーパティー(パーリ:マハーパジャーパティー)がお釈迦さまの養母となりました。

王子として裕福な暮らしに恵まれたものの、深く人生の問題に苦悩され、29歳で出家されました。

6年もの厳しい修行の後、ブッダガヤーの地で35歳で成道され、仏陀(ぶっだ、覚者)とお成りになりました。

80歳でクシナガラの地でお亡くなりになるまで、弟子の育成と、仏法を伝導する旅をお続けになりました。

縁起説や諸行無常諸法無我涅槃寂静一切行苦などに代表される教えを説かれました。

曹洞宗は、お釈迦様を本尊にしている仏教を代表する宗派です。臨済宗、と同様に禅宗の1つとされています。

 

なぜ人間は老い病を得、死んでいかねばならないのか、という深い悩みを抱え修行をされていましたが、究極の境地に到達しても苦悩は解消されませんでした。さらに六年間、死に至るほどの苦行を続けていたお釈迦様は苦行によっても心の平安を得ることはできませんでした。その後、傷ついた身体うをいたわり川で身を清め菩提樹の下で坐禅すること七日間、十二月八日の早朝お釈迦さまがおさとりを得たといわれてます。

「なんとこの世は素晴らしいのだろう。わたしはこの大地に生まれ、ありとあらゆる、いのちと出会い、そして死にゆく。なんと尊いのだろう、この世は。このありとあらゆる、いのちの流れていく世界は」

もしあなたが、広い草原の真ん中にある大きな木の下で目を閉じてしずかに坐禅をしていたら、自分の足に柔らかい草を感じ、その下に自分を支え、草を支え背中の大きな木を支える大地、その大地をわたしたちは地球と呼び、その地球も他の惑星とバランスよく位置を保っている事を感じるでしょう。『わたしは、わたしだけで成り立っているわけではない』
自分の事を指す「わたし」は小さいけれど、世界宇宙とつながっている「わたし」は計り知れないほど尊く、かけがえのものです。

そして、「この世界、このいのち。どうにかして人々に伝えられないだろうか。いや、わたしは伝えなけれだならない。だれもがわたしと同じ苦悩をもっているのだから」菩提樹の木から立ち上がりお釈迦さまの、四五年間にわたる伝導の生涯を歩みはじめたのです。「わたしの安楽は、生きとし生けるもののすべての安楽によって実現するのだ」

かず多くの弟子たちが育ち、さまざまな教えが説かれ、二千五百年を経た現代にまで、お釈迦様の教えは伝えられているのです

 

【涅槃図】釈迦の教えと真理|2月15日

続きを見る

【般若心経】の教えと【無苦集滅道】わかりやすくまとめました

続きを見る

曹洞宗のお寺「年間行持」わかりやすくまとめました 1月大般若経

続きを見る

 

シャカ
まだまだ、勉強不足ですね~

 

すみません(ーー;)でもね、なんとなくわかりましたよ~自分の事を指す「わたし」は小さな世界でも、世界、宇宙全体とつながっている「わたし」は尊くかかがえのないもの、私たちは自分だけでで成り立っている訳じゃないよ。ということ
こし庵
シャカ
弟子になる?
身体がもちません( ̄▽ ̄)
こし庵

 

即金払い対応はマネートラックだけ!確定した成果はその日のうちにお支払い!毎日いつでも好きなときにアフィリエイト報酬が引き出せます。ツイッターでアフィリエイトマネートラックならアフィリエイトタグが含まれる短縮URLを管理画面から直接ツイートできます。フォロワーに紹介したい広告をマネートラックの管理画面内で選んで、ツイッターアイコンをクリックするだけでアフィリエイト完了。

-仏教の歴史

© 2021 こし庵の仏教ブログ